So-net無料ブログ作成
検索選択

酵素素材の紹介1 [酵素素材]

 

2011年春に農園に新たな酵素素材ハーブが加わり「農場見学」もできるようになりました(^-^)

春に満開のハーブの花をご覧ください<(_ _)>

 

チェリー・セージ.JPG

【チェリー・セージの花】和名 ヤクヨウサルビア シソ科サルビア属

メキシコ原産のサ・ミクロフィラ、あるいは類似のチェリーレッド色の花を咲かせる種をこう呼んでいます。

セージは筋肉や脳を高める働きがあり、「長生きのハーブ」といわれて、古代ギリシャ、ローマ時代から栽培されていました。 

<効能>

  • 筋肉や脳の働きを高める
  • 殺菌作用にすぐれ、ハーブティーの2倍の濃さの浸剤でうがいすると喉の痛みをやわらげる
  • 消化を促し、胃もたれを解消する
  • ホルモンのバランスを整え、生理不順や更年期障害を改善する

 

 

バジルの花.JPG

【スイートバジルの花】

バジル.JPG

【スイートバジル】和名 メボウキ シソ科メボウキ属 一年草

スパイシーな香りが、古代ギリシャでは王宮にふさわしい香りと言われていました。イタリアではバジリコといわれ、トマト料理には欠かせません。

日本へは中国から薬草として江戸時代に導入され、種を水につけてできたゼリー状の物質で目を洗うことから、メボウキ(目を掃除する箒)と呼ばれました。

<効能>

  •  自律神経やホルモンの乱れを整える
  • 偏頭痛をしずめる
  • 更年期障害の症状を和らげる
  • 胃腸の働きを促す
  • 乗り物酔いを解消する
  • 肩こりや筋肉痛を緩和する

 

カモマイル.JPG

【ローマン・カモマイルの花】 和名 ローマカミツレ キク科シカギク属 多年草

全草にリンゴに似た香りがある。薬用部は花にあります。

腹痛や風邪などの民間薬として知られるハーブティーの代表。少し濃いめに入れた方がおいしいといわれます。

<効能>

  • 風邪のひきはじめに
  • 食べ過ぎた時、消化を助ける
  • 頭痛、歯痛を和らげる
  • 生理痛や更年期の諸症状を緩和
  • 胃炎や下痢、吐き気、腸の炎症をしずめる
  • 冷え性、貧血を改善する
  • 目の疲れを緩和

 

クミスクチン.JPG

【クミスクチンの花】別名 ネコノヒゲ シソ科オルトシフォン属 亜熱帯は多年草

糖尿病、高血圧に効果があるとして沖縄では「健腎茶」として利用されています。

薬用部は茎葉で、成分として「オルトシホニン」などを含みます。

<効能>

  • むくみや腎臓病に煎じて服用します(1日量10g 乾燥)
  • 糖尿病や血圧が高めのときにも用います。
  • 膀胱炎、水種などにも利用されます。

 

オオバコ.JPG

【オオバコ】別名 車前草 オオバコ科オオバコ属 多年草

和名のオオバコは「大葉子」の意味で大きな葉に由来しています。方言名の「フィラファグサ」も同じような意味があります。 

民間薬としてはなるべく花の咲いている時期の全草を根までを乾燥させたものを煎じて、熱さまし、消化不良、鎮咳などに使われた。

成分として、「アウクビン」「プランタギニン」などを含みます。

<効能>

  • 腎臓病
  • 膀胱炎、尿道炎
  • 風邪をひいたときの咳止め

 

センダン草.JPG

【シロノセンダングサ】方言名 サシグサ 多年草

北アメリカ原産で、年間を通して白い花をよく咲かせます。種子の先に2本の返しのついたとげがありね衣服に刺さることから、方言では「サシグサ」と呼ばれています。若葉は茹でて食べられます。臭みがある場合は、茹でた後に水にさらしてから料理するとよいでしょう。

<効能>

  • 口内炎を抑制する
  • 熱を下げる
  • 痛みの軽減
  • 炎症を抑える 
  • 毒作用を除く
  • 血液中の脂肪を少なくする
  • 血液の流れを良くする


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。