So-net無料ブログ作成

キクイモ(菊芋)

2014年度 11月にキクイモの収穫始まりました。店頭でもキクイモの販売を開始しましたので、電話にてご予約後に収穫します。

キクイモは、沖縄には在来していないので 千葉や青森から入荷して3年前から作付けしています。ただ 沖縄で栽培し収穫するとゴツゴツとしてまるで、ウコンや生姜(@_@;)に似ています。

DSC_8764.JPG

一年草なので、大きな木は冬には枯れますので、春までには収穫しないといけません。今年は台風が秋にたびたび来たので、強風で葉が枯れてしまいましたので早めの収穫になりました。2014年度は台風被害が多かったで、木が駄目になってしまい 実は小粒になりました。(T_T)

DSC_8761.JPG

小さな菊芋を掘り起こすのは少し大変で、じゃが芋のように引っ張るわけではないので

DSC_8762.JPG

傷をつけないようにゆっくりゆっくり掘って収穫します。

DSC_7578.JPG

↑こちらは4年前に青森から来た菊芋です。

菊芋の中には、根野菜に多く含まれている「イヌリン」をとても多く含まれています。

芋なのにデンプンはないので、ゴボウやレンコンの味に似ています。

この「イヌリン」は天然のインシュリンと呼ばれていて血糖値の調整をします。

6年前に糖尿病に患っている方がこの作物を作付けしてほしいと以来があり、探し始めたのがきっかけです。

近隣の農家にも勧めたので、沖縄県ではこの「しらかわファーム」が源で八重瀬町で普及しています。

「イヌリン」水に溶けやすいため、できるだけ収穫後も食べる直前までは土がついたまま保管をして、食べるさいも加熱すると独特の苦味がでますので、生食(サラダや和え物)がお薦めです。加熱する場合は煮汁に溶け出しますので、それも食べると良いです。

沖縄では、生芋は日持ちしてないので、主に粉末として1年を通して用意しております。

キクイモ粉末2.JPG

初めは100kを粉末しましたが、最近では血糖値の高い方がこれを飲んで「血糖値がさがった」「血糖値が安定した」という方が多くなってきて大好評です。

 

キクイモ粉末1.JPG

沖縄県内の方のために作っていたので、店頭販売のみでしたが 遠方の方からもほしい声が届いたので、ネットショップでも販売開始します。県内では、豊見城の「豊崎 菜々色畑」でも販売しております。こちらは年中無休なので、しらかわファームがお休みの際はどうぞご利用ください。

ネットショップ

◆キクイモ粉末 100g  1,800円

 



共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。